肩こり対策

肩こり対策

肩こりに年齢は関係ありません

「肩こり」と言うと20 代後半以降の方達が悩んでいると言う印象が有るかと思いますが、年齢は関係なく小学生でも肩こりに悩んでいる方はいるのです。

 

現在は多くの日本人が肩こりに悩まされていて何かしらの対策をしているのではないでしょうか。確かに昔は小さいお子さんに肩こりなんて無かったと思いますが、最近では外で遊ぶ子供が減っていて中でパソコンやゲームをやったり、携帯電話で遊んでいたり、塾でずっと机に向かっていたりして肩や首を酷使している状態でありますので当然肩こりも起こって当然だと思います。

 

肩こりは放っておいても治りにくい物でありますので、何かしらの対策を施す必要が出てきます。また大人の肩こりの場合、それが原因で仕事が出来なくなってしまってしまう事も考えられます。

 

机に座っているだけで気持ち悪くなってしまう事もある様です。こうなってしまうとかなり症状も辛くて、仕事を止めなくてはいけない状況にまでなってしまうのです。たかが肩こりなんてバカにも出来なくなってきたのです。

 

お年寄りの方の場合は肩こりが原因で色んな所が凝る様になり、身体に支障を出す様にもなってきます。この様に肩こりはある特定の世代だけがなる物ではなくて、小学生からお年寄りまで、男性でも女性でも誰でもなる可能性が有る症状だと言って良いのです。

 

世の中結構肩こりで悩んでいる方は多いと思います。周りを見てみるとたくさんいますのでお互いの対策方法等を聞いてみるのも良いですよね。

 

肩こり対策

肩こりが起こる原因について

何故肩こりになってしまうのか原因を知りたいと言う人はたくさんいると思います。特に現在肩こりで悩んでいる方は是非知りたいと思うでしょう。

 

その原因によって対策の練り方も変わってくると思うのです。肩こりが何故起こるのかその原因ですが色々有ります。運動不足だったり生活習慣が不規則だったりする事も原因の1 つでしょう。

 

しかし最近は筋肉疲労が肩こりの最も多い原因ではないかと考えられている様です。最近はパソコンの普及に伴い、家でも会社でもパソコンにずっと向かっている人が増えてきている様な感じです。

 

ずっと座って同じ姿勢で作業をしている人が多いと言う事になるのですが、これは特定の筋肉だけを動かし続けているのと同じ事ですので筋肉疲労が起こりやすくなる訳です。

 

パソコンの場合は上半身全般ですよね。これが肩こりが増えている最大の理由であると言えます。またパソコンをずっと見ている事で眼が疲れてきますよね。

 

こうなると頭〜首を酷使しているのと同じ事ですので、肩周りがとても疲れやすくなってしまい血行不良になって肩こりになってしまう様にもなるのです。

 

また眼が元々悪くてコンタクトとかメガネをかけている人は、どうしても集中的に画面を見る様になってしまいますので更に疲れやすくなってしまい、肩周りの筋肉を集中的に使って筋肉疲労を起こしてしまいがちになります。

 

こうした事も肩こりの原因となりますので、これに合わせた対策方法を考えて行く必要が有ります。

 

肩こり対策

肩こりが慢性化する前に対策しましょう

肩こりを解消させる為の対策として一番良いのは「安静にしている」事らしいです。でも常に安静にしているって生活をしている以上は無理が有りますよね。

 

仕事、家事等で常に動かしている事の方が多いのではないでしょうか。毎日の暮らしの中で腕を使わない日、肩を使わない日は殆ど無いと言って良いと思います。また眼、首等も使わない日は無いですよね。

 

それだけこの部分が酷使されていると言う事になるのですから、肩こりは日常的に誰にでも起こりうる症状だと思うのです。でもだからと言って何の対策もせずに放っておいてしまっては肩こりが慢性化してしまってずっと肩こり、首の痛み、頭痛に悩まされる様になってしまいます。

 

そうなると生活するだけでも辛くなってくるので大変ですよね。ですから一番の肩こり対策としては肩こりを慢性化させない様に、今以上に酷くならない様にする事だと思うのです。

 

肩こりは血行不良が原因でおこります。肩が凝っているからと言って肩ばかり揉んでもダメで、肩が血行不良と言う事は背中、首、腕、頭と言った方に近い部分も血行不良である事が多く、肩だけじゃなくて肩周辺を全体的に解して行かなくてはならないと思うのです。

 

よく肩こりが酷いからと言って肩ばかりマッサージする人がいますが、これだと根本的な解決にはなりませんので肩こりの原因となる所を探し出して全体的に対策を施して行く様にしないといけないと思います。

 

直ぐには結果が出ませんが、続ける事で慢性化にならずに済むと思いますので地道にケアしていきましょう。

 

肩こり対策

肩こりと頭痛の関連性について

「肩こり」と「頭痛」。この2 つは切っても切り離せない関係ではないかと思います。肩こりの人で頭痛で悩んでいる人は凄く多いのではないでしょうか。

 

「緊張型頭痛」と言うのが肩こりから来る頭痛の事を指している様です。肩こり解消対策をする事で頭痛も自然と解消に向かう場合も有ります。緊張型頭痛の特徴としては、肩こりの症状が最初に現れてその後頭痛に発展して行くと言う特徴が見受けられます。

 

これは肩こりで肩の筋肉が緊張してしまい、その緊張が頭の方にまで伝わって頭痛となってしまうと言う仕組みなのです。頭痛の傷み方についても特徴が有る様で、肩こりから来る緊張型頭痛は後頭部の辺りが痛くなったり、後頭部から首にかけて痛くなったり、頭が締め付けられる様な痛みだったりします。

 

これらの症状は偏頭痛とはまた違った痛みになりますので、吐き気が来る事は無いみたいです。こうした肩こりから頭痛が来た場合、他の症状を引き起こす可能性も秘めていて、眼精疲労を伴ったり、めまいが起きやすくなったりします。

 

またこうした症状が続くと慢性的に身体がだるさを感じる様になり、様々な身体の不調も訴える様になるのです。こうした肩こりから来る頭痛の対策方法としては、やっぱり肩こりを解消させる事がとても重要視されますので緊張した筋肉を解してあげる様な対策をしていく事が一番大切かもしれません。

 

継続的に対策をして肩こりだけじゃなくて頭痛や他の症状も一緒に改善していきましょう。

 

肩こり対策

おきにいり